ホームシアター 構築記


序章

自宅に映画館を作る それが最近流行の兆しを見せている

”ホームシアター”

自宅で迫力ある映像を楽しみたい!
音は他人の迷惑になるが、映像はでかくても迷惑かけない!!
でもお金はかけたくない(^^;
それが私のH'YakCOLORs ホームシアター

永い間考えていたことをやっと実現できました。
これは、現在に至るまでのホームシアター構築記録です。
先ずはその経緯から紹介させて下さい。

Introduction
1986年 パイオニアのAVシステムとTVモニター等を購入
1987年 ケンウッドのドルビーサラウンドデコーダー購入
1988年 NEC VHSデッキを購入

1989年 この頃より購入した機器がぼつぼつ故障を始める

最初に壊れたのはCDプレーヤー 修理予算1万5千円といわれたが、それでもいいから修理してくれと頼んだら 修理不能との返事...ちょっとあきれた その翌年、86年に購入したベータのビデオデッキが故障。 修理見積もり2万5千円 定価25万円くらいのデッキだったので修理を依頼 しかし....部品が無くて修理不能との返事..... まだ購入後4年前後の出来事だった....ムッチャクチャあきれた この頃までは大好きだったパイオニアだったがもう信じない!と決心した 後から知ったのだが、このデッキってソニーのOEMだったのね 購入5年目にして壊れたのがテレビだった。 ビクターのモニター専用機。 AV-M280 ハンダ不良と電解コンデンサーの交換で出張費込み8千円也 その半年後またしても同じ症状がでたが前回の保証修理ということで無料! ビクターにしといてよかった(^^;と思う ゲンキンな僕であった。 そのテレビ! 購入した頃は28型や24型など偶数表示のブラウン管が 全盛期だったのだが、購入した翌年あたりから29型や25型といった奇数表示の サイズに移り変わっていった。 この頃、カタログなどで見ていた液晶プロジェクター.... そう、もう大型のブラウン管は買わない!

今度買うときは大画面のプロジェクターだ!!

この頃から構想だけはあった。
しかし、AV熱も下火になり他にも趣味があるため、
すべてをつぎ込むわけにも行かなかった。

今度テレビを買うときは...その気持ちだけは10年たっても変わらなかった。

そして1999年の本編へ