CHAPTER -14 センタースピーカー自作
アンプを購入してから、センタースピーカーの音を聞きたくなった。

そこで我が家に余っているスピーカーといえば...
カーステレオのスピーカーだ!
現在の車を買ったときについていたスピーカー。
早速調べると、4Ω40Wとなっている

アンプの規格が6Ω以上だから2本を直列につなげば何とかなるなぁと思い、これを材料に自作することにした。

音量は近所の手前もあり絞り気味なので、出力に関しては問題なしと思った。 実際ボリュームの位置は9時の位置だから5分の1も 使っているだろうかという感じだ。

先ず作ったのは一つの箱に2つのユニットを収めた形 だ。
スクリーンの下に設置して視聴してみると、セリフが下から聞こえてきて変な感じ...しかしセンタースピーカーの必要性はわかった。 セリフがしっかりとセンターに配置する。

そこで次の策を試してみた。 2つのユニットを別々の段ボール箱に納めてスクリー ンの上と下に分けてみる。 これは良い! センターの音が見事にスクリーンの上下中央に位置する。

ただその距離の関係からか、下の方が少し引っ張る感じだった。 そこで下のスピーカーをテレビのラックのなかへ入れ てみた。  結果、バッチリ!! スクリーンに近い位置から見ているにもかかわらずセンターの音がスクリーン中央に結ばれる! もちろん上下左右のことです!!

こういうのって雑誌にもあまり紹介されてないよね、雑誌の多くは1本のセンタースピーカーにとらわれて、「できるだけスクリーンの下端にセンターを持ち上げましょう」位しか奨めていない。

やっぱりスクリーン上部にスピーカーを配置するのって、市販の重量級スピーカー相手では難しいのかな? 我が家の自作センターは段ボールボックスのおかげもあり、軽量で吊り下げ簡単、音質はともかく近距離視聴でもキッチリ、セリフがスクリーンセンターに位置するので音質以上に
満足感=大です。

その音質なのですが、フロント2本のスピーカーは30cmウーファーの3ウェイですから、比べるのがかわいそうというものでしょう。
セリフがセンターにキッチリと定位するそれで満足です  自分が満足できること、それがホームシアター、いつしか合い言葉のようになってます。

NEXT


上部センター



下部センター