CHAPTER -11 周辺環境
CHAPTER-6 スクリーン決定のページにも登場した、ホームシアター・ハンドブックによるとくつろげる色温度は2,800kと、裸電球のような色温度らしい。

詳しくは同著書を読んでいただきたい。 ホームシアターにとって色々と参考になることが 書かれています。 そこで我が家でもこのくつろぎ空間を演出すべくスポットライトを導入することにした。

現実的な話をすると、夜間の真っ暗闇でもプロジェクターが稼働しているときはかなり明るい。  何分、100インチ/6畳ですから。

しかし、こだわりを持ってくつろぎの演出ということで、照明装置を導入。 もちろん、できるだけ安くあげるために市販品は使 わずに自作です。 用意したのは100円均一で売っていた樽型貯金箱と電線、スイッチ、E17規格のソケットと25Wのスポット電球、差込口。

購入総額¥2,500くらいか貯金箱の片面は完全解放にして対面は放熱のための切り込みをあけて、釘であけた穴にソケットをネジ 止めした。 ステーを取り付けてリアスピーカーをつるしてある ステーに引っかけています。

熱の影響を受けそうな部分には耐熱パイプを電線に通したりと、市販のクリップ型スポットライトを参考にした。  注意!まねして火事やその他の事故を起こしても当方は一切の責任を負いません(^^;くれぐれも放熱と配線には気を付けましょう!

照明の後はソファーです。 さすがに自作する気になれずに、家具屋さんを見て 回ったのですが、値段が高い...しかもいらないときにはとても邪魔...結局妥協策として見つけたのがパイプとビニールを組み合わせた折り畳みベットでした。

ホームセンターにて1,480円でした。

これなら必要ないときには折り畳めるし、リクライ ニングもできて、本当に不要になってもこの値段ですから、諦めもつきます。  結果はオーライでした。このビニールベットを導入する前は床に直接座りスクリーンを見上げる感じでかなり圧迫感もあったのですが、リクライニングを調節すると目線的に楽にヤヤ下を見る感じでちょうどスクリーンセンターに視点が行きます。

今まで感じていた視覚的な疲れがとれました。 同じスクリーンサイズ・視聴距離でも角度によってこんなに違うものかと教えられました。

人間って上から見下ろすことに安心感を覚えるので しょうか??寝転がって見ているような体勢になれるので、この 視聴環境はしばらく続きそうです。

NEXT

25Wと思えない明るさの
自作ダウンライト。
現在お気に入りの
くつろぎアイテムです


ラクチン!
ビニールパイプベット

邪魔なときは畳んで
収納出来る
ので便利!